Q&A

相続に伴う契約書の取り交わし

80年近く土地を借りていて、建物の名義は母親になっています。その母親が他界し、当初の契約書の取り交わしはなく、30年前に契約書を母親が交わしました。今年の3月に更新時期を迎えているが、地主からの連絡は無く今後どのようにしていけばいいのかわからない。

母親が亡くなられたということですので、まずは相続人の名義で建物の登記をして下さい。その後、地主様に連絡を取っていただき、前借地人(母親)が亡くなられたことを伝えて、相続人と土地賃貸借契約を締結してください。更新前であれば従前の契約が引き継がれますが、更新期間を過ぎているとの事ですので、条件などについては、しっかり地主様とお話をしたほうがよろしいかと思います。

借地権に関するよくある質問にもどる

無料診断お問い合わせはこちら
無料診断メールでのお問い合わせ

0120-127-444

借地権・底地の売買 お悩み相談なら手間なし解決 専門業者のセンチュリー21マーキュリー

借地権トラブル解決借地非訟借地借家法底地
法律相続税金不動産売却Q&A物件情報企業情報

株式会社マーキュリー
東京都港区高輪2丁目19-17 高輪交陽ハイツ1階 tel:03-6277-4484 fax:03-6277-4485
センチュリー21の加盟店は、すべて独立・自営です
Copyright(C) 2014 借地権・底地専門のCentury21 マーキュリーAll rights reserved.