費用・税金価格

売却の費用・税金価格

売買契約の基礎知識

土地売却が決まり、売主・買主の双方が合意したら、売買契約を結びます。不動産は高額な買い物になりますから、売買契約書を作成し、書面をとりかわします。さらに、契約にあたり買主は「手付」と呼ばれる金銭を売り主に支払います。売買契約で確認すべきポイントとしては「土地の実測」「地価(不動産価格)」、「固定資産税や都市計画税など各種税金の精算」、「抵当権や負借権などが残っていないか」、「瑕疵担保責任の有無」などです。

税金に関する注意点

土地売却など不動産を売買する場合の税金と、その注意点についてです。土地は消費するものではなく「移転」となるので、土地代(地価)に消費税はかかりませんが、建物には消費税がかかります。ただし、これも売り主が課税事業者である場合だけで、非課税事業者や個人が売主になっている場合はかかりません。不動産価格は消費税込みの総額表示ですので、提示されている価格は「非課税である土地」+「課税対象である建物」の総額であることに注意しましょう。

住まいを売るときの流れ

住まいや土地売却すると決める前に、「売る理由」を明らかにしておきましょう。例えば子どもの独立やUターン、古い家からの住替えなど。その後、不動産関連のチラシなどで、付近の不動産価格や地価の相場を調べ、だいたいの売却価格を決めておきます。売買にかかる税金などもある程度把握しておきます。査定は必ず複数の業者に依頼します。極端に高すぎたり低すぎたりする査定額を提示する業者には要注意です。業者が決まったら、売り出しの開始です。購入希望者が現れたら、内覧があります。住宅を売却するのであれば、当日までに家を整理整頓し、修繕すべき箇所があれば済ませ、清掃もしておきます。誰しもキレイな家を買いたいもの。高く売るためにもこの手間とコストは惜しまないようにしましょう。売り手と買い手が同意したら、売買契約を取り交わし、その後いよいよ物件の引き渡しとなります。
無料診断お問い合わせはこちら
無料診断メールでのお問い合わせ

0120-127-444

借地権・底地の売買 お悩み相談なら手間なし解決 専門業者のセンチュリー21マーキュリー

マンション売却家売却土地売却費用・税金借地権借地権直接買取りメリット・デメリット
トラブル解決借地非訟底地法律相続税金不動産売却Q&A企業情報

株式会社マーキュリー
東京都港区高輪2丁目19-17 高輪交陽ハイツ1階 tel:03-6277-4484 fax:03-6277-4485
センチュリー21の加盟店は、すべて独立・自営です
Copyright(C) 2014 借地権・底地専門のCentury21 マーキュリーAll rights reserved.