scroll

任意売却を買取会社に依頼する6つのメリットとは?

任意売却を買取会社に依頼する6つのメリットとは?

スピーディな売却が非常に重要な任意売却では、買取会社に売却を依頼するのも、効果的な選択肢の一つです。タイムリミットが設けられている任意売却では、期限内に売却手続きを完了させられるかどうかが、とても重要な意味を持つからです。タイムリミットまでに売却することが出来なければ、不動産は競売にかけられる可能性があります。「競売は何とか避けたいけど、期限内に買い手が現れるか不安・・・」という方は、専門会社による買取を一つの選択肢としてください。

任意売却を買取会社に依頼するメリット イメージ
LINE相談受付中

任意売却には買取会社がおすすめ

タイムリミットがある任意売却の場合、不動産会社に直接買取をしてもらうことができれば、タイムリミットの制限を心配する必要がなくなります。任意売却の特性を踏まえたうえで、買取会社への買取依頼ができるか否かについて解説します。

任意売却とは?

任意売却とは、住宅ローンの返済が2か月以上滞ってしまった時に競売を避けるための売却方法です。 競売になってしまうと、法的に強制的に売却手続きが進んでいきますが、任意売却に成功すれば一般的な不動産売却に近い手続きで不動産の売却ができます。任意売却の流れとしては、まず競売にかけられる前に、債権者である金融機関に任意売却をすることや、売却価格についての同意を得ます。同意を得た後に、一般の不動産売買と同様の流れにて、売却手続きをおこないます。任意売却と一般の不動産売却の最大の違いは、タイムリミットがあることです。一般の不動産売却と異なり、住宅ローンの清算が大きな目的となっているため、債権者の意向に沿って、売却手続きをしなければなりません。任意売却のタイムリミットは、一般的に4か月間程度です。タイムリミットを過ぎてしまうと、不動産は競売にかけられます。

競売 イメージ

任意売却でも不動産会社に買取が依頼できるケースがある

任意売却にはタイムリミットがあり、数カ月売却できなかった場合には競売に移行する可能性があります。そこで、任意売却時の売却方法の選択肢の一つとして考えられるのが、買取会社による買取です。「査定額の折り合いが付けば」というのは、任意売却は、住宅ローンの返済を目的とした売却方法であるため、債権者である金融機関が掲示した金額や意向に沿って手続きを進めなくてはなりません。

不動産売却ならお任せください。相談・査定はすべて無料です。
お客様への約束 メールや電話で過度な営業いたしません・来店時、面談時に過度な営業いたしません・個人情報は目的以外に使用しません
オンライン相談・面談予約はこちらから
メール相談はこちらから
LINE相談はこちらから
お急ぎの方は0212-127-444にご連絡ください

任意売却に買取会社を利用する6つのメリット

任意売却は、スピードが非常に重要であることは前章で紹介した通りですが、他にも買取会社に依頼をするメリットがあります。買取会社ならではのメリットを知ることが、効果的な売却手続きに繋がります。

契約のトラブルが発生するリスクが少ない

買取会社に依頼する場合、契約のトラブルになるリスクが少ない点がメリットとして挙げられます。仲介の場合、住宅ローンが下りなかったり、知識不足による食い違いが生じてしまったりする可能性があります。しかし、専門会社の場合は不動産会社であるため、そのようなリスクの可能性が非常に小さくなります。

査定額を比較して検討することができる

不動産の仲介の場合、査定額はあくまでも見積額であるため、査定額通りの金額で売れるとは限りません。しかし、買取の場合には査定額がそのまま不動産会社の買取額となるので査定=売却金額となります。従って、査定見積もりを依頼して、金額を見てから売るか売らないかを判断することができます。

契約不適合責任(旧:瑕疵担保責任)が免除される

仲介で個人など第三者に不動産を売却する場合は、契約不適合責任(瑕疵担保責任)を原則負わなければなりません。例えば、白アリや雨漏り、住宅の傾きなど重大な欠陥があった場合、売り主側で責任を取らなければならないということです。
具体的には、修繕費用を全額負担したり、契約の解除に応じたりする責任が生じることになります。買取会社が取引の相手方の場合、契約不適合責任(瑕疵担保責任)が免除される場合もあります。従って、売却後に費用を請求されたり、契約が取り消されたりするリスクがなくなります。

現況のまま売却できる

買取会社に売却する場合には、現況(現在の状態)のまま売却手続きを進めることができます。仲介での売却をするケースでも現況のままの売却は可能ですが、古い物件や破損箇所がある物件では、修繕やハウスクリーニングをしないと物件価格が大きく下がってしまうことがあります。

債権者に対する交渉を依頼できる

任意売却物件の場合は、債権者に対する交渉が重要な場面が少なくありません。上述の売却額の設定の他に、任意売却による売り上げの分配や任意売却後の返済プランなど、交渉の内容・結果がその後の生活の立て直しに非常に大きな意味を持ちます。
一般的な不動産会社は任意売却についての知識やノウハウを持っていないため、債権者に対する交渉を依頼することはできません。しかし、任意売却専門会社ならこれらの経験を豊富に持っているため、交渉の対応を依頼することもできます。

即入金可能

買取会社に買取を依頼して契約が成立すれば、数日で支払いをしてもらうことができます。任意売却の手続きを早く済ませることは、滞納の状況をリセットして、生活を早く立て直すためにも重要なことです。

マーキュリーだからできること

任意売却には金融機関との譲渡条件等、交渉が必要になります。譲渡条件は売買金額だけではなく、売却後の返済プランやその他諸経費など取り決めを行わなければなりません。
弊社では、まず依頼者からヒアリングし、様々なアプローチ方法で金融機関と交渉していきます。
マーキュリーではお客様第一で売却のお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご相談ください。また、不動産の買取を行う際にかかってしまう売主さんの負担(測量、残置物撤去、建物解体、瑕疵担保免責など)を全てマーキュリーで負担いたします。もちろん買主となるため仲介手数料も一切かかりません。

買取会社 イメージ
不動産売却ならお任せください。相談・査定はすべて無料です。
お客様への約束 メールや電話で過度な営業いたしません・来店時、面談時に過度な営業いたしません・個人情報は目的以外に使用しません
オンライン相談・面談予約はこちらから
メール相談はこちらから
LINE相談はこちらから
お急ぎの方は0212-127-444にご連絡ください
大庭 辰夫

記事監修

不動産の悩みを抱えている方々へ!
その悩み解決します。

監修者
株式会社マーキュリー 取締役 大庭 辰夫