底地の管理

地主様が抱える問題解決

更新・地代・建替え等様々な問題が有ります。人対人の為、感情が入り交じり拗れてしまうケースが多いようです。マーキュリーではその問題を第三者視点で捉え双方にメリットが有るようなご提案をさせていただきます。

更新料の問題

更新料は地代と違い、金額が大きくなるため借地権者様が支払えない、払いたくない等、地主様を悩ませる問題の一つとなっております。解決法としましては、地代に更新料の金額を上乗せする方法が有ります。例えば、100万円の更新料だった場合、旧法であれば更新期間が20年となりますので100万÷20年÷12ヶ月=4,167円で更新料の月額の金額が出ますので、その分を地代に上乗せする等です。こういった方法を取られる場合は、後々のトラブル回避のために合意書等を作成し締結しておいたほうが良いかもしれません。

地代の滞納

地代の滞納をされているので、借地権の解除ができるか?と言う相談をよく受けます。地代未払での借地権解除の場合は、相当の期間の滞納(信頼関係が破壊されている)が無いと認められません。期間がどれくらいかと言われますと、一概には言えませんが最低でも半年の滞納が目安になるのでは無いでしょうか?その期間内に催告(内容証明など)を借地人に送っているか等も重要視されます。

建替え問題

借地権者が勝手に建て替えてしまったというご相談を受けたことが有ります。これは立派な契約違反となります。ただし、土地賃貸借契約書の中に建て替え及び増改築の禁止に関する条文が入っているのが前提になります。入っていない場合は、建て替え・増改築は自由にできる事になってしまいます。ご相談者は契約書に禁止の条文が入っているとのことでしたので、借地権者様に契約書をお見せして建て替え承諾が必要なこと、それに伴い承諾料が必要なこともお話して解決していくのが懸命かと思います。

底地を売却

借地権者に底地を買い取ってもらいたい。借地権割合で買い取ってもらえますか?借地権割合はあくまで相続税などを算出する時の割合ですので、最終的にはお話し合いで金額を決めていく形になります。ただ、参考資料として使うのはいいと思います。

人対人の関係でありますから、双方の言い分だけを言い合っても解決はいたしません。裁判をするのは簡単ですが、お互いの関係悪化にもつながるのでお話し合いで解決することを強くおすすめいたします。

マーキュリーでは地主様の抱える問題のご相談も
受けておりますのでお気軽にご相談ください。

無料診断お問い合わせはこちら
無料診断メールでのお問い合わせ

0120-127-444

借地権・底地の売買 お悩み相談なら手間なし解決 専門業者のセンチュリー21マーキュリー

底地基礎知識メリット・デメリット底地価格・相場借地権直接買取り旧法と新法の違いトラブル解決
借地非訟法律相続税金不動産売却Q&A企業情報

株式会社マーキュリー
東京都港区高輪2丁目19-17 高輪交陽ハイツ1階 tel:03-6277-4484 fax:03-6277-4485
センチュリー21の加盟店は、すべて独立・自営です。
Copyright(C) 2014 借地権・底地専門のセンチュリー21 マーキュリーAll rights reserved.