Q&A

建物買取請求

昭和21年頃に父が、地主さんの家を買い、地主さんの土地を借りて現在私の母が一人住んで居ます。私は昭和35年まで住んで居ました。亡父からは、年貢を払っているしか聞いていなく借地契約など知りません、契約内容や契約書が有るのかないのかも知りません。地主さんから聞いた話しでは、初めから年貢5000円だけの契約で口で約束したと話しています。この場合、家の買主(亡父の相続人)は取り壊をして更地で返さないといけないのですか。地主さんに建物買取請求はできますか、借地権はどの様になりますか教えてください。

借地権の存否についてですが昭和21年頃に建物を売買にて購入されたという事ですので借地権として認められるかと思います。
その他、地代の支払も借地権としてとして認められる理由の一つとして考えられます。
但し、今後につきましては地主と話し合い地主の考え聞いてみる必要があります。
建物買取り請求につきましては地主と話し合い地主の考えも聞いてみる必要がありますが、
あまり一般的に利用されているものではなく、法律の専門家(弁護士等)へご相談される事をお勧め致します。
地主が話し合いで買取ってもらえない場合には借地権を第三者に売却する事が可能ですが契約書があるのかわからないという事ですので、この機会に取り交わす必要がございます。

借地権に関するよくある質問にもどる

無料診断お問い合わせはこちら
無料診断メールでのお問い合わせ

0120-127-444

借地権・底地の売買 お悩み相談なら手間なし解決 専門業者のセンチュリー21マーキュリー

借地権トラブル解決借地非訟借地借家法底地
法律相続税金不動産売却Q&A物件情報企業情報

株式会社マーキュリー
東京都港区高輪2丁目19-17 高輪交陽ハイツ1階 tel:03-6277-4484 fax:03-6277-4485
センチュリー21の加盟店は、すべて独立・自営です
Copyright(C) 2014 借地権・底地専門のCentury21 マーキュリーAll rights reserved.