Q&A

親が高齢の為、借地権の処分について

昭和初期から土地を借りています。親が所有しているが高齢のため何かあった時の為に知識を付けておきたい。

基本的には、借地権者様が他界をされても、相続人がその地位を継承いたします。

以前、別のお客様のご相談で、こんなトラブルも有りました。
借地権者の方がお亡くなりになり法定相続人が3人いました。その法定相続人の方々は、売りたい、貸したい、使用したい等、各々考えが別で相続の時にもめてしまったそうです。

相続される方々が多数いる場合には、他の財産などと調整を測って不動産に関しては単独で相続をされたほうがトラブルの回避にもなります。
また、相続をする前に売却の意向があるのであれば、相続の申告、遺産分割、登記等の余計な手間暇が省け、現金として残るので相続人が多数いる場合でも分け合うことが可能となります。

相続のトラブルは結構ご相談を受けることが多いので気をつけたほうが良いと思います。

借地権に関するよくある質問にもどる

無料診断お問い合わせはこちら
無料診断メールでのお問い合わせ

0120-127-444

借地権・底地の売買 お悩み相談なら手間なし解決 専門業者のセンチュリー21マーキュリー

借地権トラブル解決借地非訟借地借家法底地
法律相続税金不動産売却Q&A物件情報企業情報

株式会社マーキュリー
東京都港区高輪2丁目19-17 高輪交陽ハイツ1階 tel:03-6277-4484 fax:03-6277-4485
センチュリー21の加盟店は、すべて独立・自営です。
Copyright(C) 2014 借地権・底地専門のセンチュリー21 マーキュリーAll rights reserved.