scroll

相続対策事業

FUTURE
資産を未来へつなぐために

マーキュリーは、不動産オーナー様のお困りごとやお悩みに寄り添いながら、不動産の課題点などの洗い出しを行い、将来を見据えた相続対策をご提案をいたします。
相続させる財産、相続する財産を適切に把握・管理・対策を行うことで、財産の価値を守り、未来につなげます。

賃借権とは イメージ

KNOWLEDGE
相続の基礎知識

相続とは、被相続人(亡くなった人)の財産を、
一定の親族(相続人)が承継することをいいます。
相続は必ず発生します。
相続する財産は、不動産に限らず、現金・預貯金や有価証券などのプラスの財産や、
負債や債務(借金など)などのマイナスの財産も相続対象となります。
相続税は、相続する財産の総額より基礎控除額を差し引いた
プラスの財産(課税価格)に相続税率(超過累進課税)によって計算されます。

つまり、相続対象財産が多ければ、相続税は高くなり、
相続財産が基礎控除額以下であれば、相続税は課税されません。

必ず発生する相続を見据えて、相続対策を行うことが必要です。

FAQ
相続に関するよくあるお悩み

相続時の注意点は?
相続人同士でトラブルに発展しないよう、事前の準備や話し合いが必要です。
不動産を相続するとき、相続財産としての評価はいくらくらいになる?
原則として、国税庁が発表している相続税路線価図記載の評価を基に算出されます。
相続対策って?
相続対策とは、相続させる財産の整理を行うことをいいます。
※詳しくはお問合せください。

FLOW
相続の流れ

  1. 遺言書の有無の確認

    STEP1 遺言書の有無の確認

  2. 相続人の調査・確認

    STEP2 相続人の調査・確認

  3. 相続財産の調査・確定

    STEP3 相続財産の調査・確定

  4. 遺産分割協議(遺産分割協議書の作成)

    STEP4 遺産分割協議(遺産分割協議書の作成)

  5. 相続税の申告・相続登記

    STEP5 相続税の申告・相続登記